地域福祉をすすめる活動
「くらし」の困りごとに寄り添う活動
ボランティア活動の推進
子ども・若者の居場所をつくる活動
トップページ > 彦根善意銀行 > フードバンクひこね
フードバンクひこね

フードバンクひこね

モデル事業概要
この度、社会福祉法人彦根市社会福祉協議会では「食品の“もったいない”の削減」および「困ったときは“おたがいさん”の地域づくり」を目的に『フードバンクひこね』を設立することと致しました。
つきましては、本格実施に向けて、より広く理解と協力を得るため、次の通りモデル事業を開始します。
名  称: フードバンクひこね
活動拠点: 彦根総合地方卸売市場内・特設スペース
活動内容: 規格外食材など不要となった食材を回収・保管し、必要とする人や団体へ届ける
対象食材: 米、野菜(日持ちのするもの)、加工食品(概ね1ヶ月以上の賞味期限のあるもの)など
※日持ちのしない野菜や生鮮品などは対象外
提供元 : 個人、農家、製造業者、小売業者など
※食材の安全管理のため、匿名の寄付は、受け付けていない
提供先 : 子ども食堂、高齢者サロンなど、食を通した地域の居場所づくり活動を行っている団体・個人
生活困窮者への支援を行っている団体・個人
運営母体: 社会福祉法人彦根市社会福祉協議会
運営協力: 彦根市民有志

運営イメージ図
運営イメージ図
運営方法について
農家やメーカー、スーパーなどから不要となった食材を回収し、彦根総合地方卸売市場内の特設スペースに保管。集まった食材は、運営スタッフが仕分け作業をするなどの管理を行う。
月に2回ほど特設スペースを開放し、こども食堂運営団体等が無料で食材を確保できるようにするほか、生活困窮者に対しては随時もしくは緊急の支援を行う。
 
「フードバンクひこね」モデル事業企画 『ご家庭で使いきれなくなった買い置き品 大募集』
ボランティア募集はこちら
活動状況などはこちら(フェイスブックページへ)