地域福祉をすすめる活動
「くらし」の困りごとに寄り添う活動
ボランティア活動の推進
子ども・若者の居場所をつくる活動
トップページ > 新着情報一覧 > 子どもの幸せ応援基金(愛称:はぴとも基金)2021年4月1日新設&ロゴマーク公募します!寄付募集も同時スタート!
新着情報

子どもの幸せ応援基金(愛称:はぴとも基金)2021年4月1日新設&ロゴマーク公募します!寄付募集も同時スタート!

2021年4月1日 / お知らせ, ニュース

はぴとも基金ロゴマーク公募チラシ(PDF)はこちら

 

今、子どもたちを取り巻く社会の状況はどうなっているでしょうか

 

七人に一人が相対的貧困

経済的貧困、つながりの貧困、愛情の貧困

 

子ども食堂などの居場所づくり

子ども服・学用品のリユース活動

地域で広がるさまざまな応援の輪

 

幸せは子どもたちが今と未来を生きるために大切なもの

子どもの幸せをみんなで応援したい

 

その応援のカタチとして「基金」を設立しました!

「基金」をきっかけとして、基金への「寄付」と「活用」の輪を地域全体・社会全体へ広げ、

子どもたちの幸せへの願いや想いを、子どもたちへ伝え届けます

 

多くの皆さまのご協力をお願いいたします

 

寄付の活用方法

・子ども・子育て世帯への応援(子ども=彦根市内に在住する概ね18歳未満)

・子どもに関わる活動団体への応援

・小児難病救済

 

愛称「はぴとも基金」

…小さなお子様からご年配の方まで、より多くの方に覚えていただけるよう親しみやすい名称を考えました。

はぴ=ハッピー・幸せ、とも=共に・伴に・朋・友という意味が込められています。

 

「ロゴマーク公募について」

募集期間:2021年4月1日~5月31日

応募資格:彦根市在住・在学・在勤の方ならどなたでも。

 

寄付してくださる皆さんの「子どもたちの幸せへの願いや想い」を象徴し、

子どもたちの健やかな成長を見守り続けることになるロゴマーク。

いつまでも地域の皆さんに愛されるロゴマークをお考えください。

 

はぴとも基金ロゴマーク【応募用紙】(PDF)はこちら

 

①ロゴマークのコンセプト

・やさしくやわらかく包むイメージ

・みんなで、地域・社会全体で包むイメージ

 

シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)のデザインを募集します。

文字は「はぴとも基金」のままとし、ローマ字は使えません。

 

②応募方法

~手書きの場合~

応募用紙を郵送または持参してください。作品が折れないよう提出ください。

デザイン画は白い紙であれば応募用紙以外でも可。

ペンを使ってはっきりと描いてください。

 

~電子データの場合~

メールに応募用紙と同項目の必要事項を記入し、作品データを添付し、お送りください。

ファイル形式はJPEGまたはPDF、データ容量は3MB以下としてください。

 

郵送先

〒522-0041 彦根市平田町670福祉センター別館

彦根市社会福祉協議会 はぴとも基金ロゴマーク募集係 宛て

 

メール送信先

hapitomo@hikone-shakyo.or.jp

メール件名【はぴともロゴマーク応募】

 

③選考方法

事務局において5作品程度を選考し、一般投票(6月予定)にて決定します。

投票については後日お知らせします。

採用決定者には表彰式(11月予定)に出席いただきます。

選考審査に関するお問い合わせはお受け致しかねますのでご了承ください。

 

【必ず確認ください】

応募および選考にあたっての注意事項をチラシの裏面(応募用紙)に記載しています。

必ず内容をご確認いただいたうえでご応募ください。

 

「はぴとも基金への寄付受付について」

現在、社協窓口にて直接寄付いただく方法と、振込用紙による寄付が可能です。

個人・団体・企業の皆さまからの寄付を受け付けております。

詳しくは、彦根市社協までお問い合わせください。

 

【連絡先】

彦根市社会福祉協議会 地域づくりボランティアセンター

TEL 0749-22-2821

FAX 0749-22-2841

メール hapitomo@hikone-shakyo.or.jp

TOPへ戻る