カテゴリー「お知らせ」の記事

春のボランティア募集キャンペーン/ボランティア体験談エピソード「七色Story」募集中~6月30日まで

2021年5月1日 / イベント, お知らせ, ボランティア

春のボランティア募集キャンペーン2021実施のお知らせ

 

 

地域づくりボランティアセンターでは、このたび、新しい春を迎え何かチャレンジしたいと思っている方へボランティアに関する旬な情報をお伝えすべく、2021年4月~6月の3か月間、「春のボランティア募集キャンペーン2021」を展開します。

 

 

〇ボランティア活動への意欲や関心を高めてほしい

〇自分にぴったりのボランティア活動を見つけてほしい

〇ボランティアの魅力を知ってほしい

という思いからキャンペーン企画をご用意しています。

 

 

~キャンペーン企画②~

ボランティア体験談エピソード「七色Story」募集中!!

 

ボランティアにまつわる体験談やエピソードをぜひあなたの言葉でつづってください。

ボランティアとひとくくりに言っても、千差万別…

きっとひとつひとつの「Story」が「七色」の虹のように輝いてボランティアの魅力を伝えてくれます。

 

 

 

 

【応募期間】

2021年5月1日~6月30日まで

 

【募集するテーマ】お選びください。

□心に残るボランティア活動でのできごと

□ボランティア活動を通して経験し感じたこと

□まちのすてきなボランティアさん紹介

□ボランティアさんへの「ありがとう」メッセージ

 

 

【応募資格】

年齢不問・どなたでも応募いただけます。

 

※書き方・応募方法・応募の際の注意点などは案内チラシをご覧ください。

手書きの絵日記や筆文字、詩でもOK

応募フォームからも受付中

QRコード

 

案内チラシはこちら(PDFファイル

 

応募用紙はこちら(PDFファイル

 

 

 

【連絡先】

彦根市社会福祉協議会 地域づくりボランティアセンター

TEL 0749-22-2821

FAX 0749-22-2841

メール hikoshachiiki@mirror.ocn.ne.jp

5月の大型連休(ゴールデンウィーク)における緊急小口資金・総合支援資金特例貸付の相談対応について

2021年4月28日 / お知らせ, 重要

 本会では現在、新型コロナウイルスの影響により生活にお困りの方に対する緊急小口資金および総合支援資金の特例貸付の相談や申請受付を行っておりますが、5月の大型連休(ゴールデンウィーク)における対応につきましては下記のとおりとさせていただきます。

 ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

🔸大型連休(ゴールデンウィーク)中の相談対応について

 4月30日(金)     :通常勤務(8時30分~17時15分まで)

 5月1日(土)~5日(水):休業

 5月6日(木)、7日(金):通常勤務(8時30分~17時15分まで)

 

 

【お問い合わせ】

 〒522-0041 彦根市平田町670

 社会福祉法人彦根市社会福祉協議会 相談支援課 生活相談支援係

 TEL:0749-22-2821 Fax:0749-22-2841

新型コロナウイルスの影響で生活にお困りの方に対する総合支援資金の受付期間延長のご案内

2021年4月28日 / お知らせ, 重要

新型コロナウイルスの影響により生活にお困りの方に対して貸付を行う総合支援資金の申請につきまして、下記の期間まで受付期間が延長されます。

 

 

🔸対象世帯

 ①新型コロナウイルスの影響により収入が減ったため生活にお困りの世帯

 ②現在、緊急小口資金もしくは緊急小口資金・総合支援資金の両方の特例貸付を利用しているが、

  もうしばらく生活に困ると思われる世帯

 

🔸申込みにあたっての注意点

 ①申請窓口の混雑による新型コロナウイルス感染拡大の防止を図るため、申請を希望される場合、

  まずは下記までご連絡ください。

  ご連絡をいただいた後、返信用封筒を同封のうえ、申請書類を郵送いたします。

 ※記入スペースはありませんので、直接窓口へお越しいただくことはお控え下さい。

 ②申請が集中するため、入金日に関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

 

🔸受付期間

 令和3年6月30日(水)受付終了(令和3年6月30日消印有効)

 

【お問い合わせ】

 〒522-0041 彦根平田町670

 社会福祉法人彦根市社会福祉協議会 相談支援課 生活相談支援係

 TEL:0749-22ー2821  Fax:0749-22-2841

北老人福祉センター「ハピネスいきいきクラブ活動体験教室」を開催します!(5月10日から受付開始)

2021年4月23日 / イベント, お知らせ

「ハピネスいきいきクラブ活動体験教室」を開催します!

 

当センターには、シニア世代が輝ける「居場所」と「出番」のひとつに、クラブ活動があります。

7月から8月にかけて、クラブ活動に関心・興味のある方を対象に「体験教室」を実施します。

自分に合ったクラブ活動を見つけませんか? 体験した後、そのまま入会することも可能です!

5月10日(月)から受け付けを始めます。

詳しくは、下記をクリックしてください。

http://www.hikone-shakyo.or.jp/roujin_fukushi/pdf/202104_hapinesuclub_taiken01.pdf#zoom=100

http://www.hikone-shakyo.or.jp/roujin_fukushi/pdf/202104_hapinesuclub_taiken02.pdf#zoom=100

申し込み・問い合わせ先

彦根市馬場一丁目5-5

彦根市北老人福祉センター  TEL/FAX 27-6701

「災害支援情報」についてお知らせします。【第56報】

2021年4月14日 / お知らせ, ボランティア

 

災害支援情報

                                    最終更新(2021.3.14 9:30)

 

全国各地で発生している大規模災害について、支援情報をお知らせします。

それぞれの情報について、詳しくは各リンク先をご確認ください。

 

【更新内容】

  日本赤十字社滋賀県支部

 「令和3年島根県松江市大規模災害義援金」

  受付期間:令和3年4月12日(月)~令和3年5月31日(月)

 社会福祉法人福島県共同募金会

 「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」の募集開始

  受付期間 :令和3年2月24日(水)~令和3年5月31日(木)まで

 

1.ボランティア募集情報

 各地の被害状況や受入れ態勢によりボランティアの募集状況は異なります。

 何よりも被災された方々の思いを大切にしていただき、まずは正確なボランティア募集情報の確認をよろしくお願いします。

 全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 ⇒ クリックしてください

 

十分な準備をお願いします。

 被災地へ入る前には、必ず十分な準備をお願いします。

 必要な持ち物や被災地の状況など、「水害ボランティア作業マニュアル(PDF)」(日本財団、レスキューストックヤード発行)も参考にしてください。

 水害ボランティア作業マニュアル ⇒ クリックしてください

 

必ずボランティア保険に加入してください。

 彦根市社会福祉協議会で加入することができます。

 災害復旧作業に尽力している被災地では混乱も想定され、また、負担を少しでも軽減させるため、極力、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。ご理解とご協力をお願いいたします。

 加入手続きはコチラ ⇒ クリックしてください

《ボランティア保険・大規模災害特例適用》

 全社協のボランティア活動保険は、今回の災害に際して大規模災害特例が適用されました。

 これは災害ボランティアセンターが設置され、災害復旧対応のボランティア活動に緊急性がある場合、被災地の府県社協から全社協への要請に基づいて適用されるものです。

 通常は加入申込手続きの完了した日の翌日午前0時から補償開始となりますが、大規模災害特例が適用された場合は、社会福祉協議会で加入申込手続きが完了した時点から即時の補償開始となりま す。

 なお、今回は水害被害の場合は、天災タイプ(地震・津波など)の加入ではなくとも基本タイプの保険で補償されます。また、すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

 ※地震被害の被災地で活動される場合は、必ず「天災タイプ」にご加入ください。

☆特例適用となっている県社協は以下の通り。

愛媛県社会福祉協議会
広島県社会福祉協議会
高知県社会福祉協議会
福岡県社会福祉協議会
島根県社会福祉協議会
佐賀県社会福祉協議会
岐阜県社会福祉協議会
鳥取県社会福祉協議会
岡山県社会福祉協議会
山口県社会福祉協議会

 

2.義援金の受付

 被災地にボランティアへ行くこと以外に、寄付による支援も重要なボランティアのひとつです。

 現在、次のとおり義援金の受付が行われていますので、皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

 

<彦根市社会福祉協議会で受付しているもの>

彦根市共同募金委員会

【福島県共同募金会】

「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」の募集開始

受付期間:令和3年2月24日(水)~令和3年5月31日(月)

【熊本県共同募金会】

 「令和2年7月豪雨災害:熊本県南豪雨義援金

  受付期間:令和2年7月8日(木)~令和4年3月31日(木)まで

 1.「平成30年7月豪雨災害義援金」           期間:令和3年6月30日(水)まで

  ※「平成30年7月豪雨災害義援金」については、それぞれの被災府県において下記のとおり

   義援金の募集が実施されることとなりましたので、ご案内いたします。

 ①中央共募 平成30年7月豪雨災害義援金      期間:令和3年6月30日(水)まで

 ②岡山県  平成30年7月豪雨岡山県災害義援金   期間:令和3年6月30日(水)まで

 ③広島県  平成30年7月広島県豪雨災害義援金   期間:令和3年6月30日(水)まで

 ④愛媛県  愛媛県豪雨災害義援金           期間:令和3年6月30日(水)まで

   各義援金について詳しくはこちら ⇒ クリックしてください

  ※本会窓口でも現金の寄付を受付しております。

 

日本赤十字社 彦根市地区事務局

 1.「令和3年島根県松江市大規模火災義援金」   期間:令和3年5月31日(月)まで

  協力方法等詳しくはこちら ⇒ クリックしてください

 2.「令和3年2月福島県沖地震災害義援金」    期間:令和3年5月31日(月)まで

  協力方法等詳しくはこちら ⇒ クリックしてください

 3.「平成30年7月豪雨災害義援金」         期間:令和3年6月30日(火)まで

  協力方法等詳しくはこちら ⇒ クリックしてください

 4.「令和3年島根県松江市大規模火災義援金    期間:令和3年5月31日(月)まで

  協力方法等詳しくはこちら ⇒ クリックしてください

 5.「令和2年7月豪雨災害義援金」        期間:令和4年3月31日(木)まで

  協力方法等詳しくはコチラ ⇒ クリックしてください

 ※本会窓口でも現金の寄付を受付しております。

 

3.支援物資について

 被災地への支援物資は、実際には現地で必要なかったり、一度にたくさんの物資が届くことで被災地の受入れの負担になったりすることがあります。

 物資による支援は、正確な情報をもとに必要性を考慮して行うようにしてください。

 なお、彦根市社会福祉協議会では、支援物資の受付は行っておりませんのでご了承ください。

 

4.いざという時に備えて

 ①学びの宅配便 → クリックしてください

 ②防災出前講座 → クリックしてください

北老人福祉センター主催「シニア世代の輝き方講座」の受講生を募集中!

2021年4月13日 / イベント, お知らせ

北老福【シニア世代の輝き方講座】受講生を募集中!

高齢者人口の割合が増大し、高齢社会が進行している現在、地域ぐるみでの高齢者支援や介護支援が求められています。その一方、シニア世代の社会参加や生きがい志向も高まりを見せており、その活動には地域の生活課題の解決力としての期待も高まっています。

ここでは、シニア世代の方々の豊かな経験と知識を生かす機会や活動の場を通して〝地域で輝く秘訣″を学びます。

シニア世代のみなさん!「居場所」と「出番」を見つけ、地域デビューしてみませんか?

【日 時】  令和3年6月25日(金) 13時30分~

【会 場】  彦根市北老人福祉センター(馬場一丁目5-5)

【定 員】  12名(申込順) ※4月1日から受付中

申し込み・問い合わせ先

彦根市馬場一丁目5-5

彦根市北老人福祉センター TEL/FAX 27-6701

 

北老人福祉センター主催「脳の健康チェック付き 認知症講座」の受講生を募集中!

2021年4月13日 / イベント, お知らせ

 

北老福【脳の健康チェック付き 認知症講座】受講生を募集中!

私たちの暮らす日本は、世界有数の長寿国であると同時に、高齢化に伴い認知症に罹患する高齢者の増加と、その対策が課題となっています。

認知症は、誰にでも起こりうる脳の病気が原因で、進行するとだんだんと理解する力や判断する力が低下していき、社会生活や日常生活に支障が出てくるようになります。その結果、周りの人との関係が損なわれたり、家族が疲れ果ててしまうことも少なくありません。

誰もが安心して暮らしていくため、まずは「認知症を知る」ことから始めませんか?

※講義&個別に脳の健康チェックを行います。(脳の健康チェックのみでも構いません)

【日 時】  令和3年5月28日(金) 13時30分~

【会 場】  彦根市北老人福祉センター(馬場一丁目5-5)

【定 員】  12名(申込順) ※4月1日から受付中

申し込み・問い合わせ先

彦根市馬場一丁目5-5

彦根市北老人福祉センター TEL/FAX 27-6701

駅ピアノ、空港ピアノならぬ・・・『北老ピアノ』で音を紡ぐ・・・。(令和3年度も継続実施)

2021年4月13日 / イベント, お知らせ

「駅ピアノ、空港ピアノならぬ・・・『北老ピアノ』!  誰もが自由に弾ける思い出づくり

 みなさんは、NHK BSの番組『駅ピアノ・空港ピアノ・街角ピアノ』をご覧になったことがあるでしょうか。

 駅や空港に置かれたピアノを定点カメラで捉え、行き来する旅行者たちがピアノを見つけ、足を止め、腰掛けてピアノを弾く。そこに観客が集まることがあれば連弾が始まることもある。チラチラと見る人がいるだけで何も起こらないこともある。そこに演出は何もない。

 しかし、駅や空港という、人と人が行き交う場所に設置されたピアノには、それだけでドラマを紡ぐ力がある・・・。

 実は、ここ彦根市北老人福祉センターにも10年ほど前に寄贈されたピアノがある。これまで「うたごえひろば」や「ハピネスコンサート」などで音を紡いできたピアノ…

 昨年度は、小さなお子さまからシニア世代まで、年間延べ180人が音を紡いできました。♪ ♫

 今年度も引き続き実施しますので、是非ピアノであなたの思い出の一曲を♫・・・・。お待ちしています!

 

【利用日時】 毎週月曜日~金曜日(祝日は除く) 午前9時~午後5時

 

【利用にあたって】

 ・新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、マスクを着用し「咳エチケット」に努めてください。

 ・入館時には、センター設置の消毒液をご使用ください。

 ・演奏前と演奏後は、必ず備え付けの消毒液をご使用ください。

 ・観客同士の距離を1~2メートル空けてお座りください。

 

【問い合わせ先】

 彦根市馬場一丁目5-5

 彦根市北老人福祉センター TEL/FAX 27-6701

子どもの幸せ応援基金(愛称:はぴとも基金)2021年4月1日新設&ロゴマーク公募します!寄付募集も同時スタート!

2021年4月1日 / お知らせ, ニュース

はぴとも基金ロゴマーク公募チラシ(PDF)はこちら

 

今、子どもたちを取り巻く社会の状況はどうなっているでしょうか

 

七人に一人が相対的貧困

経済的貧困、つながりの貧困、愛情の貧困

 

子ども食堂などの居場所づくり

子ども服・学用品のリユース活動

地域で広がるさまざまな応援の輪

 

幸せは子どもたちが今と未来を生きるために大切なもの

子どもの幸せをみんなで応援したい

 

その応援のカタチとして「基金」を設立しました!

「基金」をきっかけとして、基金への「寄付」と「活用」の輪を地域全体・社会全体へ広げ、

子どもたちの幸せへの願いや想いを、子どもたちへ伝え届けます

 

多くの皆さまのご協力をお願いいたします

 

寄付の活用方法

・子ども・子育て世帯への応援(子ども=彦根市内に在住する概ね18歳未満)

・子どもに関わる活動団体への応援

・小児難病救済

 

愛称「はぴとも基金」

…小さなお子様からご年配の方まで、より多くの方に覚えていただけるよう親しみやすい名称を考えました。

はぴ=ハッピー・幸せ、とも=共に・伴に・朋・友という意味が込められています。

 

「ロゴマーク公募について」

募集期間:2021年4月1日~5月31日

応募資格:彦根市在住・在学・在勤の方ならどなたでも。

 

寄付してくださる皆さんの「子どもたちの幸せへの願いや想い」を象徴し、

子どもたちの健やかな成長を見守り続けることになるロゴマーク。

いつまでも地域の皆さんに愛されるロゴマークをお考えください。

 

はぴとも基金ロゴマーク【応募用紙】(PDF)はこちら

 

①ロゴマークのコンセプト

・やさしくやわらかく包むイメージ

・みんなで、地域・社会全体で包むイメージ

 

シンボルマーク(図)とロゴタイプ(文字)のデザインを募集します。

文字は「はぴとも基金」のままとし、ローマ字は使えません。

 

②応募方法

~手書きの場合~

応募用紙を郵送または持参してください。作品が折れないよう提出ください。

デザイン画は白い紙であれば応募用紙以外でも可。

ペンを使ってはっきりと描いてください。

 

~電子データの場合~

メールに応募用紙と同項目の必要事項を記入し、作品データを添付し、お送りください。

ファイル形式はJPEGまたはPDF、データ容量は3MB以下としてください。

 

郵送先

〒522-0041 彦根市平田町670福祉センター別館

彦根市社会福祉協議会 はぴとも基金ロゴマーク募集係 宛て

 

メール送信先

hapitomo@hikone-shakyo.or.jp

メール件名【はぴともロゴマーク応募】

 

③選考方法

事務局において5作品程度を選考し、一般投票(6月予定)にて決定します。

投票については後日お知らせします。

採用決定者には表彰式(11月予定)に出席いただきます。

選考審査に関するお問い合わせはお受け致しかねますのでご了承ください。

 

【必ず確認ください】

応募および選考にあたっての注意事項をチラシの裏面(応募用紙)に記載しています。

必ず内容をご確認いただいたうえでご応募ください。

 

「はぴとも基金への寄付受付について」

現在、社協窓口にて直接寄付いただく方法と、振込用紙による寄付が可能です。

個人・団体・企業の皆さまからの寄付を受け付けております。

詳しくは、彦根市社協までお問い合わせください。

 

【連絡先】

彦根市社会福祉協議会 地域づくりボランティアセンター

TEL 0749-22-2821

FAX 0749-22-2841

メール hapitomo@hikone-shakyo.or.jp

4月1日に南老人福祉センター・南デイサービスセンターの管理運営を、新指定管理者に引継ぎました。(お礼)

2021年3月31日 / お知らせ, 重要

 彦根市社会福祉協議会は、平成9年度に彦根市より管理運営業務を受託して23年間(平成18年度から指定管理者)、南老人福祉センター・南デイサービスセンターの運営に携わってまいりました。

 この間、地域の皆さまには両センターの事業運営に際しましてご支援、ご協力を賜りありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 4月からの両センターの管理運営は、「特定非営利活動法人ホームスイートホーム」にバトンタッチします。

 引き続いてのご利用、ご支援賜りますようお願いいたします。

 

🔸新指定管理者 特定非営利活動法人ホームスイートホーム

 http://homesweethome.jp

 

🔸お問合せ

 彦根市南老人福祉センター TEL:43-6700 / Fax:43-6711

 (※電話・ファックス番号に変更はありません。)

TOPへ戻る